私たち&みんなの暮らしブログ

メンテナンススタッフ・JHレディが、お客様のお家で見つけた暮らしのアイディアや、暮らしに役立つ情報、スタッフのこぼれ話などを更新していきます。

猫や犬との暮らし ソファ選びとお手入れ

2015.03.13

ジョンソンレディの細谷です。

今日はM+のオーナー様のN様邸に定期訪問でお伺いしました。

最近はペットオッケーのマンションも増えましたね。

N様も猫ちゃんを現在5匹飼われています。

どの猫ちゃんもキュートです!!

 



N様のリビングには大きな黒い革ソファがあります。

猫ちゃんがたくさんいるのに、あまりひっかき傷がついていません。

K様邸のところでも同じでした。

K様も「爪とぎになるものを置いているとソファなどではあまり爪をとがない」とおっしゃっていました。

N様は布生地のソファは爪で傷つけるのを懸念して、革ソファを選ばれたそうです。

布は、革よりも引っ掛かりが大きいので、ぼろぼろになる事が多いです。

M様邸では、布ソファにカバーをかけて保護していました。

革ソファの場合、深い傷やひび割れなどは、専門業者に依頼することをおすすめします。

しかし、ある程度の浅い傷でしたら、

革のメンテナンスキットでお手入れすることで、

目立たなくなります。



これはインゾーネで扱ってるものですが、ほかのお店でも同じようなものが売ってます。

販売店などでご相談のうえ、お持ちのソファの素材に合わせて、ご購入ください。

http://www.actus-interior.com/actus-service/afterservice/leather.html

クリーナーで汚れを落とし、プロテクションオイルを傷部中心に全体的に塗り込むだけ。

とても簡単です。

がここで、注意点!

「必ず目立たないところでためし塗りしてから使ってください」

先日もM+のS様邸でこの方法でお手入れしてきました。

この次元君の付けちゃった傷でしたが、目立たなくなりました。



日向ぼっこしてる次元君。(S様に先日送っていただきました~♪)

革ソファを長持ちさせるためにも、3か月に一度くらい行うのが理想的です。

傷のつけ方など、個人(猫)差はあると思いますがご参考にしてください。

 

 

 

一覧へ戻る