私たち&みんなの暮らしブログ

メンテナンススタッフ・JHレディが、お客様のお家で見つけた暮らしのアイディアや、暮らしに役立つ情報、スタッフのこぼれ話などを更新していきます。

セルフメンテナンス講座 ~ 水回りのコーキング 打替編 ~

2015.04.04

みなさんこんにちわー!

やっと春らしくなってきましたね!

キャンプに釣りに海に…

これから楽しいイベントが盛りだくさんで

考えただけで毎日ウシウシ笑いが止まらないメンテナンス石和です!

 

今回は水回りのコーキングの打ち替え方法をお教えします^^

 

 

キッチン周りのコーキングが黄ばんできて気になる…とか

ゴシゴシこすりすぎて剥がれてきちゃった!…とか

お悩みあるかと思いますので

今回こちらのブログを見てぜひぜひチャレンジしてみてください!(^^)!

 

 

それではスタート!

① まず必要な物↓



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上から順に

・コーキングガン

・コーキング材

・カッター

・仕上げ用ヘラ

・マスキングテープ(左下)

こちら使用致します!

 

② 既存のコーキングをカッターにて切り取ります。

ここで綺麗に取れるかどうかで最終的な仕上げにかなり差が出ます!



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在のコーキングの状態↑



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

既存のコーキングを取った後↑

こんな感じでなるべく綺麗に切り取ります!

細かい部分は爪でゴシゴシすると意外と取れますよ(^^)爪は痛くなりますが…

 

③  隙間の両サイドにマスキングテープを貼ります。



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じで貼ります!

角の所難しいようでしたらカッターで切って角を作ると良いですよ。

大体幅は5ミリくらいを目安に貼れば良いかなと思います(^^)

(目地幅や状況に合わせて変動します)

 

④ コーキング材をテープの間に注入!



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずはコーキング材の先っちょを斜めにカット↑



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これくらい!↑



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それをガンにセットして注入開始!↑



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おりゃ!この際打ち込みが少なすぎると仕上げの際にうまくいかないので気持ち少し多めくらいが良いかと思います(^^)↑



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

動きが早すぎてカメラ追いついていません!笑↑

 

⑤ 注入し終わったらヘラで仕上げていきます



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初にご紹介したヘラで表面をなぞり綺麗にします!↑



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とりゃ!↑



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕上げた部分の状態↑

テープの際と際が見えるくらいで良いかと思います!

一度当てたヘラの角度を変えないように固定してヘラを動かすのがコツです(^^)



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

角はこんな感じで↑(ブレブレ)

 

⑥全体を仕上げ終わったらテープを剥がします

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

焦って剥がすと思わぬ所にテープが垂れて汚してしまうのでゆっくり焦らず剥がしてくださいね!

天板側ではなく壁側から先に剥がすと汚しづらいですよ(^^)↑



この際に養生紙などを敷いておいて剥がしたものをその上にまとめていけば、

まずい!剥がしたは良いけどどこに置こう!みたいな状況を回避できます(^^)

↑のような感じで。

8 完成!!!



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうですかこの美しい仕上がり!

コーキングが綺麗になればキッチンもなんだか明るく感じますよね(^^)

奥様も普段より一段と気持ちよくお料理ができるのではないでしょうか♪

 

なかなか気合いを入れないと取り掛かれない作業だと思いますので

年末の、よっしゃーやるかー!という時にチャレンジしてみてください!(^^)!

 

ちなみ使う材料やコーキングガン等はホームセンターで安価な値段で

購入できます!(^^)!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上、メンテナンス石和がお送り致しましたー!

 

一覧へ戻る