私たち&みんなの暮らしブログ

メンテナンススタッフ・JHレディが、お客様のお家で見つけた暮らしのアイディアや、暮らしに役立つ情報、スタッフのこぼれ話などを更新していきます。

北欧布でファブリックボードを作ってみました。

2015.04.13

皆さんこんにちは、わたりです!

 

暖かくなり、季節が俄然春めいてくると、いつも頭の中をリフレインする詩があります。

 

 

 

春でぇむん

 

 

 

て、ご存じですか?

中学の国語の教科書にのっていて、その独特のリズムが妙に頭に残る詩。

調べてみると、ガレッジセールのゴリさんのおじさんにあたる方が作ったものだそうです。

この春でぇむんが、延々リフレイン。

一度はまるとなかなか抜け出せませんよ!

 

 

 

ということで、

今日は簡単にできるインテリアのお話をしたいと思います。(詩じゃないんかい!)

 

 

 

皆さん、ファブリックボードというものをご存じでしょうか?

北欧の発祥で、色々なデザインの布をボードに貼って、絵画のように楽しむというものです。

デザインだけでなく、数やサイズで部屋の印象が大きく変わります。

 

これ、とってもおしゃれで素敵で、あったらいいなぁとは思うのですが、買おうとすると結構高いです(p_-)

ざっと見ただけでも、サイズにもよると思いますが、1万は超えるという…

え、そんなもんなの?これが当たり前なの?と、

無知な私からすると目を疑うレベル。

 

 

 

なので、「お手軽」「ローコスト」といったキーワードが大好きな私は、手作りする道を選びました。

 

肝心の布ですが、

先週、ある雑貨屋さんで「北欧布の端切れ詰め合わせ」をゲットしたので、それを使いました。

好みのデザインであれば、どんな布でもアリなんだそうです。

 

 

材料はこちらです。

・100均で売ってたフレーム(これが後々苦戦のもとに…)



・100均で300円で売ってたタッカー(工作用のホチキスみたいなもの)

・端切れ布

 

端切れ布は、30cm四方くらいのものが6枚入りで2,000円でしたので、1枚340円くらいでしょうか。

なので、全部の材料費は800円しないくらいでした。

 

 

作り方は、すごく簡単です。

①アイロンをかけた布を、枠に合わせて切る。

ここを見せたいな~というところで、枠の大きさ+折り返し幅分の余裕を持たせて切ります。

鳥をちょろっと見せたいと思ったので、枠を当てはめて、鳥が見える位置で切りました。



 

②布を枠に沿って折り返し、タッカーで木枠に固定する。

思いのほか力が要ります。ほんとに、「バン!」という音がします。慣れると余裕です。

まず4辺の中心部分をとめて、あとは布を引っ張りながら、何か所かバンバン。

上をやったら次は下、右をやったら次左、という感じでやっていくといいみたいです。

 

この枠は、表面が板状になっていないので、布をぴんと張るのが大変で、苦戦しました。

それなりにはなりますが、ちゃんと板状になっているものを購入したほうが良いと思います。



どうせ裏は見えないからいいや!と思って、布のはしっこの処理はまったくしてません(p_-)

角は、キュッとと中に折り込んできれいに出してあげると、本物感が漂います。

 

 

家にあったピンで適当に飾ってみました。



 

ち、小さいですが、きっと3つくらい並べるとイイ感じになるはずです!!(-_-;)

きちんと布を張ってないためか、タッカーを適当にやったためか、横を見ると布が波打っています。やはり、ピンと布を張れるような、板状の枠を探したほうが良いです(-_-;)

 

 

作り方自体はとっても簡単ですし、買うよりはるかにお安く作ることができます。

手軽にお部屋の雰囲気を変えるファブリックボード。

興味のある方は、ぜひチャレンジしてみて下さい!!

 

 

ちなみに私の家は、

布製のアフリカ地図とか、アフリカ布で作ったものがいろいろあり、

せっかくの北欧ファブリックも、作ってはみたものの相当検討違いな空気を出しています。

なんなら、アフリカ布でファブリックボード作ったほうが良かったのでは?と、今これを書いていて思っています。

 

 

 

それでは、また次回!

一覧へ戻る