私たち&みんなの暮らしブログ

メンテナンススタッフ・JHレディが、お客様のお家で見つけた暮らしのアイディアや、暮らしに役立つ情報、スタッフのこぼれ話などを更新していきます。

セルフメンテナンス講座 ~壁紙の隙間の埋め方~

2014.04.01

今年ももう4月に入りました。

1年の3分の1が終わったと思うと本当に早いですね。

それでは今回は、壁紙の隙間の埋め方講座を写真付きでお送り致します!

まずは使用する物。

1、壁紙用のボンドコーク



2、水で濡らして絞ったタオルかスポンジ

タオル及びスポンジはノズルの先が汚れた際、先を拭くのに使用します。

常にノズルの先を綺麗に拭きながら作業をすると綺麗に仕上がりますよ(^^)

ボンドコークはホームセンターに売っていますのでお買い求めください(^^)

 

~作業方法~

1、ボンドコークの先のノズルをカッターで斜めにカットします。

切る際、太く切りすぎると作業がしづらいのでご注意ください。

まずはかなり細目に切ってみて、調整してください。

2、壁の角にノズルの先を当てます

今回はこちらの隙間を埋めてみます。

このような感じで角とノズルの先を合わせます。

3、適量を打ち込みながら同じ力で下へ引っ張ります。

コツは量にムラが出ないよう握る強さを均等にする事です!

4、表面を平らにするために指で軽くなぞります。

強くなぞり過ぎると周りに広がってしまうのでご注意!

5、完了

これで完了になります!

 

壁紙の隙間が空いてきて気になる…という方もいらっしゃるかと思いますが

慣れれば楽にできますので是非チャレンジしてみてください!

どんどん綺麗になるのでやってみると案外楽しいですよ(^^)

色は大体はホワイトのボンドコークで処理しても違和感はありません!

色は何種類か市販されていますのでお好みで打ち分けてもOKです!

ただ片側が黒で片側が白の場合など、両サイドの色が極端に違う場合は白のボ

ンドコークが黒側に広がってしまい余計汚くなってしまった…

という事もありますのでご注意ください(^.^)

 

これからどんどんセルフメンテナンス講座お送り致しますので

お楽しみに!(^.^)

 

ジョンソンホームズ メンテナンス

石和がお送り致しました!

 

 

 

 

一覧へ戻る