私たち&みんなの暮らしブログ

メンテナンススタッフ・JHレディが、お客様のお家で見つけた暮らしのアイディアや、暮らしに役立つ情報、スタッフのこぼれ話などを更新していきます。

窓上のコーキングに注意!

2018.05.24

こんにちは!

CPC石和です!

最近自宅で育てているパキラの葉が黄色くなり落ちてしまうという症状

が多発し原因はなんだ…と悩んでいました。

日当たりが若干良くなかったので、日当たりの良い場所へ移した所元気を取り戻しました!

光合成って大事\(~o~)/

 

 

さて今回は、おうちへの雨水の侵入を防いでいるコーキングの注意点についてご紹介します!

一般的にコーキングの寿命は8年~10年と言われています。

コーキングの劣化を判断するには、コーキングに亀裂が入っているか、固くなっているか等

が判断基準になってきます。

10年経つけどパッと見た所亀裂も何も見当たらないし大丈夫かな?なんて思うかもしれませんが

そこが注意点!

おそらくパッと見たとき窓周りの両脇と下しか見えてない状態での判断をしているかと思いますが大事なのは窓の上です!

窓の上は一番雨水を受けやすく水もたまるので劣化が著しく早い部分なのです。

下から見たら大丈夫でも上から見るとこんな感じになっている事が良くあります。↓

KIMG1266

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完全にサッシから剥がれてしまい、ひび割れの具合も完全にアウトです。

この状態でずっと過ごしてしまうと風の強い雨の日や、台風の時など雨水が刺さりこんでしまい

雨漏れの原因になってしまいます。

 

皆様のおうちも8年~10年程経った際には窓上に注意しながら一度グルッとおうちの健康状態を

チェックしてみてください(^^)

 

それではまた!

 

 

いしわ

 

一覧へ戻る