私たち&みんなの暮らしブログ

メンテナンススタッフ・JHレディが、お客様のお家で見つけた暮らしのアイディアや、暮らしに役立つ情報、スタッフのこぼれ話などを更新していきます。

熱中症にご注意!!

2014.06.03

皆さんこんにちは。わたりです。

 

 

 

 

6月です。

 

 

 

あの…

 

6月ってこんなに暑いんでしたっけ?

 

 

 

 

本日、北見の最高気温は全国で最も高い35度だそうです。

それでもびっくりですが、なんと実際には37度にまで達したとか!!!!!うそーん!!!!!

 

 

こんなに暑いと熱中症に要注意です!!

 

 

熱中症というのは、体内の塩分と水分のバランスが崩れてしまったり、体内の調節機能がおかしくなってしまった時に起こる色々な障害のことを言うそうで、特に湿度が高い時は要注意だそうです。

 

暑い時に熱中症になる、というイメージが強いですが、体内の熱を外に放出できなくなった時に起こるので、暑い時にだけなるものではないようです(>_<)

風が通らなくてムシムシしているような場所は、そこまで高温でなくても危ないということですね(-_-;)

 

 

熱で体内のバランスが崩れてしまうと、以下のような症状が出てしまいます。

・熱けいれん、熱失神 ・・・比較的軽度

「熱けいれん」は、ふくらはぎなどがけいれんして激しく痛む「こむら返り」のこと。

大量に汗をかいたのに水しか飲まないでいると、血中の塩分濃度が下がって起こるそうです。

「熱失神」は、俗にいう立ちくらみのことです。

・熱疲労 ・・・中程度

脱力感・倦怠感・めまい・吐き気・頭痛・失神などが起こります。

・熱中症 ・・・重度

体温調節機能が破たんしてしまった非常に危険な状態で、意識障害(声掛けへの反応がおかしい、言動がおかしい、意識がない)が起こります。

全身の臓器の機能不全が起こり、死に至る可能性もあります。

 

 

軽度・中程度の症状であっても、短時間のうちに重症化することもあるため、

すぐに処置が必要です。

 

 

 

これからの季節、外で活動をする場合には、

・スポーツドリンク等で水分・塩分補給をする

・活動場所の日の当たり具合と、風の通り具合に気を付ける

・着る服の通気性に気を付ける・帽子をかぶる

などに注意しましょう!

 

 

今回はちょっと真面目に

 

 

サハラをバックに

 

 

終。

一覧へ戻る